高卒者が就職しやすい求人サイトランキング

リクナビNEXT[求人数は業界トップクラス]
詳細
★★★★★
  • 日本最大級の会員数を誇る就職支援サイト!
  • 高卒者の支持率No.1の就職サイト!
  • 累計約30万人の就職を実現!
  • 利用者の声
    良かった
    高校卒業後、長くアルバイトを続けていたが、結婚を考えるようになり、就職して正社員の仕事を探そうと思った。リクナビNEXTに登録して、意外に自分にも応募できる企業があって驚いた。さすが、業界最大手だけある。毎週水曜日に新着情報が届くのが、楽しみだ。(22歳 男性)
    良かった
    高卒の自分には、就職先の探し方や応募の仕方など、基本的な知識がまったくありませんでした。リクナビNEXTはコンテンツが豊富で、就職活動の進め方から、求人票の見方、応募書類の書き方、面接応対など、必要な情報が全部わかりやすく紹介されています。とても参考になります。(18歳 女性)
    良かった
    高卒でずっとフリーターだったので職歴がなく、このままフリーター続けていくしかないと諦めかけていました。ですが、軽い気持ちでリクナビNEXTに登録し、けいれきナビを使って職務経歴書をつくろうと思ったとき、長く続けているアルバイトは職歴扱いしてもらえることが多いと知りました。コンビニエンスストアで5年以上アルバイトを続けているので、自信を持てるようになりました。面接はこれからですが、がんばってきます!(21歳 女性)
    良かった
    何度かリクナビNEXTで見つけた求人に応募し、面接までいくことができた。しかし敬語がまともに使えないこともあって、就職まではなかなかうまくいかなかった。転職ノウハウを何度も読み返すことで、少しずつ上達してきたように思う。(23歳 男性)
    普通
    リクナビNEXTは、求人数が多いので、高卒の自分でも応募できる企業は確かにある。そのためスカウト機能が売りらしいが、正社員としての職歴がなく、高卒の自分にオファーがくるとは思えないので、レジュメはアップしていない。(19歳 男性)


    リクルートエージェント[プロが就職を徹底サポート]
    詳細
    ★★★★
  • 求人情報は約8万8,500件!
  • 5全国16拠点で土日の就職相談も可能!
  • 一般の媒体では見られない非公開就職求人!


  • 就職活動は学歴が大きく影響しますので、大卒でなければ就職するのは難しいというイメージがあります。確かに大切と比べると高卒の就職は範囲が限られてきますが、必ずしも就職できないというわけではありません。この記事では、高卒で就職活動をする場合の準備や心構えについて説明しています。

    高卒の就職活動は本当に厳しいのか?

    高卒で就職活動をする場合には、大卒、専門学校卒、短大卒などの条件を避けて求人を探さなければいけません。より学歴が高い場合と比べると、高卒は求人に応募できる範囲が狭まってきますので、その分就職は厳しいと言えるでしょう。しかし実際には、高卒の条件で求人は沢山出ています。その中から自分に合った仕事を探すことが大切ですので、高卒だからといって就職を諦めないようにしましょう。

    将来の目標を決めてから就職活動を始める

    就職活動に成功して仕事始めるようになると、辛いことや悲しいことが起こる場合もあります。しかし、そこで辞めずに継続して仕事ができるかどうかは、将来の夢や目標がきちんと定まっているかどうかで違ってきます。
    何となく正社員として働きたかったという理由で就職活動に成功しても、壁にぶつかると辞めてしまう可能性が高くなります。多少の壁には負けないで将来的に仕事を続けるためにも、目標を設定してから就職活動を始めるのがベストです。

    高卒でも就職しやすい分野を調べてみる

    高卒で就職する場合には応募できる求人の範囲が限られてきます。しかし就職が厳しいと言われている現在でも、社員が足りずに求人を出している会社は少なくありません。就職活動を始める前に、どのような職種があるのかに加えて、ニーズの高い業界についても調べてみましょう。人員が足りていない業界は、高卒であっても就職に成功する可能性が高くなります。

    高卒で就職に成功する場合には、大卒者が応募するレベルのハードルが高い求人はできれば避けて、就職に成功しやすい会社を探すことがポイントです。次の記事では、就職支援サイトなどを使って求人を探すコツを説明しています。