企業に合うような志望動機を考えること

志望動機は自己アピールには格好の場所!

 面接で聞かれる数ある発言コーナーの中でも、志望動機欄は自己アピールを行うには最高の場所です。

 この機会を上手に使って自分を企業に売り込み、確実な内定ゲットを目指しましょう。

企業の立場に立って考えよう

 志望動機を聞かれたときには、どうしても「自分がどのように働きたいか」、「どのような待遇を希望しているのか」について話してしまいがちです。それもあながち間違いではないのですが、本当に受かる面接を実現したいのなら、企業がどのような気持ちで選考に取り組んでいるのかを考えた上で発言するようにしましょう。

 具体的には、その企業がどのような人材を求めているか分析した上で自分がその人材像にかなっていることをアピールするようにします。相手先の企業にとって自分がどのような価値を持っており、どのような活躍をすることができるのかについて話しましょう。

 この場合、自分が企業に何を期待するのかについてはあまり言うべきではありません。あくまで企業の目線で、企業に貢献する姿勢とそれに見合ったスキルや適性があることについてアピールをしてください。コミュニケーション能力や飲みこみの速さなどについて説明すると印象が良くなります。

【関連記事】
面接対策はしっかりと!
面接でNGをしない為のポイント
就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと