企業研究の必要性について知る

企業研究をしよう!

 自己分析が終わり自分の就職したい企業が決まったら、次にその企業の分析を行います。これが企業研究と呼ばれるものです。その企業に本当に入社しても良いのかをチェックするためにもきちんと行いましょう。

企業研究のやり方

 企業研究の仕方には様々なパターンがあります。第一は、企業から送付されてくる資料や公式ホームページを参考に、じっくりと研究をすることです。例えば企業のパンフレットやホームページを見れば、その企業の理念やミッションについて知ることができるでしょう。企業の方向性を探ることにより、より洗練された志望動機を書いたり、面接で的確な受け答えをしたりできるようになるので是非参考にしてみてください。企業の売り上げや成績もチェックしておきましょう。

 もう1つは、その企業に入社しているOBやOGを訪問することです。自分の在籍している学校からその会社に就職した先輩がいたら、是非とも訪問をしましょう。OB・OG訪問を通じてその会社の雰囲気に触れたり、そこで働くことの実情を知ったりすることにより、自分の就職活動をより的確なものにすることができます。ただ、訪問先の企業や先輩に失礼がないよう、礼儀作法や振る舞い、言葉遣いには十分に注意してください。

【関連記事】
自己分析が必要な理由
転職率を見てみよう!
電話の苦手意識をなくすには練習あるのみ!その練習法を実践してみよう!