就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと

面接時に確認しておくことのピックアップを忘れずに!

 企業の求人を発見し、そこに応募。さらに面接まで受けることになったら、その会社のことについてはいろいろと調べ上げているはずです。そうでなければ、就職活動者としては失格でしょう。しかし、いくら調べ上げてもなかなか得られない情報というものもあります。面接を受ける前に、それらを必ずピックアップしておかなければなりません。

 面接では最後に必ず、応募者が面接官に質問をする時間が設けられます。この時に、そのピックアップしたことの中から、さらに面接で全く話題にならず疑問が晴れなかったものを尋ねてみましょう。

 事前準備がなければこうしたことをスムーズにこなすのは難しく、流れで入社すると後悔してしまうかもしれないため、面接時に確認しておくことのピックアップは忘れてはならないのです。

「入社までに準備しておくことはありますか?」

 この質問は、応募者がよく尋ねることでもあり、また、面接官に働く意欲を伝えるものとしてもしばしば紹介されています。アピールする目的ではなくとも、入社して困らないようにするために聞いておくことは意味があるでしょう。

 もう少し詳細に、例えば、「入社までに取得しておいた方がいい資格などあれば教えてください」などと尋ねてもいいかもしれません。面接官から適切な回答があれば、それを準備しておくことで、入社後すぐに仕事で能力を発揮することができるはず。信頼を即座に勝ち取るためにも、面接時に確認しておいた方がいいでしょう。

「試用期間について詳しく教えてください」

 求人広告に書かれていることの多い「試用期間」。これについても面接時に確認しておいてください。求人に詳細が書かれており、あるいは面接時に説明があれば聞く必要はありませんが、曖昧な試用期間は時に就職者を苦しめるため、それが嫌なら確認しておくべきでしょう。

 具体的には、試用期間の長さ、試用期間中の賃金、試用期間が終わるタイミングなどを確認しておきたいところ。3番目についてですが、決められた期間でキッチリと終了するのか、あるいはテストなどがあり、パスすれば終了するのかなどは、あらかじめ知っておいて損はないはず。

 入社準備や本当に入社すべきか否かの判断にも関わることなので、納得する回答を貰っておきましょう。

【関連記事】
企業に合うような志望動機を考えること
面接対策はしっかりと!
面接でNGをしない為のポイント