履歴書の資格欄の正しい書き方と、資格がなくても大丈夫な理由

どう書くのが正しいの?履歴書の資格欄

 資格がないことを気にしているのですか?そんなくだらない悩みは就職活動のジャマにしかなりません。今すぐ忘れてしまいましょう。資格がなければ、それを正しく履歴書の資格欄に書いておけば、それだけで大丈夫。「特になし」、この書き方さえ覚えればいいわけですから、とても簡単ですよね。

 「特にありません」などと、丁寧に書く必要もありません。正しく書いていれば、ポイントがアップすることはありませんが、印象が悪くなってしまうこともないでしょう。

会社の人間は見慣れている「特になし」

 履歴書の資格に、「特になし」と書かれていても印象が悪くならない理由は、会社の人はそれを見慣れているからです。

 一度求人を出せば、それに応募してくる人は山ほどいます。あなただけではありません。その中にはさまざまな学歴や経歴を持った人がいると思いますが、まともに資格欄を埋めている人はほとんどいないでしょう。あなたと同じように、「特になし」と書いている人もかなりの数いるはずです。

 それを見たところで会社の人は何とも思わず、履歴書の他の欄に注目したり面接をしたりなどして採用するかどうかを決めているのが現実です。

大事なのは“その会社で働く資格”

 会社の人が履歴書などで応募者をチェックする時、本当に知りたいと思っているのは国や自治体などから認められた資格や免許などではなく、その履歴書をチェックしている人が認めたくなるような資質、つまり、その会社で働くに値するかどうかといった“資格”なのではないでしょうか。

 もしその資格を持っていると認められれば、どんな国家資格よりも威力がある武器となるでしょう。もちろん学歴も関係ありませんし、これまで働いた経験があるかどうかも関係ありません。

 あなたが履歴書を書く時に考えなければならないのは、“その会社で働く資格”があると判断してもらえるかどうかのみ。そこに意識を集中させて履歴書を書いていってはどうでしょうか。きっと良い結果があなたを待っていることでしょう。

【関連記事】
評価が高くなるような履歴書を作成すること
履歴書での学歴について
履歴書、本人希望欄の書き方のポイント