業界予習はしっかりと行うべき!

内定・入社が決まったら

 内定通知を受け取り入社契約書の内容を確認したら、次に行うべきは業界予習です。これまでの転職活動で疲れやストレスがたまっているかとは思いますが、少し息抜きをしたら次の事を考えましょう。

 入社が決まったからと言って油断してはいけません。内定から入社までの時間を有意義に過ごし入社後の仕事をスムーズにこなすためにも、万全に行っておきましょう。イメージトレーニングのような形をとると良いかもしれませんね。

業界予習とは?

 業界予習とは、これから就職を始める業界について知識を深めることです。その業界で頻繁に使われる専門用語の意味を覚えたり、どの企業が強いのかについて調べたりします。自分が働くことになる業界にまつわるニュースなども集中的に調べるようにしましょう。

 さて、業界予習の方法ですが、これはさほど難しいものではありません。新聞やテレビのニュース、書籍、そしてインターネットから多くの情報を仕入れることが可能です。その業界で働いている人に直接質問してみるのも良いでしょう。ただ、特にインターネット上には好意的でない口コミも多く見られます。そうしたネガティブな情報に喰われない程度にとどめ、客観的に予習を行うのがコツです。

【関連記事】
入社契約書について
内定後にやっておきたいこと