正規雇用と非正規雇用の違いについて学ぶ

正規雇用は終身雇用

 正規雇用とは、いわゆる「正社員」と呼ばれる働き方のことです。基本的には終身雇用であり、またフルタイムで働くことができます。正規雇用である以上は健康保険や厚生年金保険などの社会保険に加入する義務が生じるため、あらゆる働き方の中でも一番安定していると言えます。

 しかし、正社員といえばフルタイム勤務というイメージがいまだ強い一方、「短時間正社員」という働き方も登場してきています。文字通り、一般的な「8時間労働」よりも短い時間ではあるけれど正社員として勤務するワークスタイルを指しています。

非正規雇用は様々な種類がある

 正規雇用と対極の立場にあるのが非正規雇用です。しかし、一言で非正規雇用とはいっても様々な種類があります。①パート:正規雇用の社員たちよりも短い労働時間で働く労働形態の事です。短時間正社員と少し似ていますが、こちらは非正規雇用であるという違いがあります。契約期間には定めがない場合とある場合の2種類あります。

 また、社会保険には必ずしも加入できるわけではありませんが、一定の条件を満たしていれば加入義務が生じます。②契約社員:労働期間を定めている労働契約において勤務する社員です。フルタイムで働く場合もあればそれよりも勤務時間が少なくなることもありますが、いずれにせよ、同じ会社に一定期間のみ勤務するワークスタイルです。会社側の都合や労働者の成績によっては契約更新や正規雇用への昇進が認められることがあります。③派遣社員:派遣元会社に登録した後、派遣先会社で仕事をする社員のことです。

 現場では派遣元ではなく派遣先の企業の指示を受けて勤務することになります。契約社員と同じく、労働期間があらかじめ決められている場合が多いです。④アルバイト:一時的に雇用される労働者のことです。正社員よりも短い労働時間で働き、給与は時間制で計算されます。⑤嘱託社員:定年を迎えていったん退職し、再び雇用される社員のことです。

【関連記事】
気を付けておきたい悪い求人内容
良い求人を見つけるには冷静さが大切!
ブラック企業を見極める
求人情報に垣間見える、ブラック企業を見分けるためのポイントとは