転職率を見てみよう!

転職率とは?

 一昔前の日本では終身雇用制度が当然であり、いったん入社した会社に定年まで勤め上げるワークスタイルが一般的でした。しかし現在では1つの会社にいつまでも勤めているスタイルの方がまれであり、転職をするのが当たり前になってきています。確かに、キャリア・収入アップや引っ越し、家庭環境の変化から転職をすることに抵抗が薄れてきていると言えます。

 ただ、転職は自分にとっても周りにとっても生活の変化を余儀なくするので、できるだけ少なく済ませたいものです。転職率を調べ、転職に対し冷静に向き合うことも大切です。

転職率を調べるには

 転職率を調べるには厚生労働省の「雇用動向調査結果の概況:結果の概要」というページが便利です。ページに登場する用語が少し難しいのですが、日本国内で一番正確なデータを掲載しているため、転職率の調査にはぜひ役立てたいものです。ある年度の離職者がどのくらいあったか客観的に知ることができ、参考になります。

 また、「雇用動向調査結果の概況:結果の概要」では離職理由や転職が多い業界についても詳しいデータを掲載しています。情報をよく読み込み、どの業界に一番リスクが少ないかを吟味しておきましょう。

【関連記事】
自己分析が必要な理由
企業研究の必要性について知る
電話の苦手意識をなくすには練習あるのみ!その練習法を実践してみよう!