面接でNGをしない為のポイント

面接ではNGが頻発!

 企業面接を受けるときには緊張してしまい、そのためにタブーを冒してしまうことが少なくありません。

 採用担当者側もその事情は理解しているものの、何気ないタブーが不採用につながってしまうことがないわけではないので注意をしましょう。

面接で気をつけたいこと

 高卒または高校卒業見込みで就職面接を受けるとき、まず気をつけたいのは服装です。高校に在籍中であれば制服を、卒業後であればスーツを着用するようにしましょう。いずれの場合も服にシワをつけず、清潔感のある着こなしをすることが望まれます。髪型や爪の手入れも怠らないようにしてください。

 次に気をつけたいのはマナーです。礼儀正しい座り方やドアのノックの仕方、そして名詞の受け取り方・渡し方を事前にマスターしておきましょう。高校生の場合は名刺を持っていなくても構いませんが、その分美しい所作で相手の名刺を受け取れるように練習しておきましょう。

 最後は言葉遣いです。高校生だからと言って普段友達と話すときのような話し方をするのは言語両断です。面接特有の言葉遣いをマスターするだけでなく、普段から美しく正しい敬語を使えるように訓練しておきましょう。卒業したら社会人なのだという自覚を持ちましょう。

【関連記事】
企業に合うような志望動機を考えること
面接対策はしっかりと!
就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと