履歴書の資格欄の正しい書き方と、資格がなくても大丈夫な理由

どう書くのが正しいの?履歴書の資格欄

 資格がないことを気にしているのですか?そんなくだらない悩みは就職活動のジャマにしかなりません。今すぐ忘れてしまいましょう。資格がなければ、それを正しく履歴書の資格欄に書いておけば、それだけで大丈夫。「特になし」、この書き方さえ覚えればいいわけですから、とても簡単ですよね。

 「特にありません」などと、丁寧に書く必要もありません。正しく書いていれば、ポイントがアップすることはありませんが、印象が悪くなってしまうこともないでしょう。

会社の人間は見慣れている「特になし」

 履歴書の資格に、「特になし」と書かれていても印象が悪くならない理由は、会社の人はそれを見慣れているからです。

 一度求人を出せば、それに応募してくる人は山ほどいます。あなただけではありません。その中にはさまざまな学歴や経歴を持った人がいると思いますが、まともに資格欄を埋めている人はほとんどいないでしょう。あなたと同じように、「特になし」と書いている人もかなりの数いるはずです。

 それを見たところで会社の人は何とも思わず、履歴書の他の欄に注目したり面接をしたりなどして採用するかどうかを決めているのが現実です。

大事なのは“その会社で働く資格”

 会社の人が履歴書などで応募者をチェックする時、本当に知りたいと思っているのは国や自治体などから認められた資格や免許などではなく、その履歴書をチェックしている人が認めたくなるような資質、つまり、その会社で働くに値するかどうかといった“資格”なのではないでしょうか。

 もしその資格を持っていると認められれば、どんな国家資格よりも威力がある武器となるでしょう。もちろん学歴も関係ありませんし、これまで働いた経験があるかどうかも関係ありません。

 あなたが履歴書を書く時に考えなければならないのは、“その会社で働く資格”があると判断してもらえるかどうかのみ。そこに意識を集中させて履歴書を書いていってはどうでしょうか。きっと良い結果があなたを待っていることでしょう。

【関連記事】
評価が高くなるような履歴書を作成すること
履歴書での学歴について
履歴書、本人希望欄の書き方のポイント

履歴書、本人希望欄の書き方のポイント

本人希望欄とは

 本人希望欄とは、履歴書の中にあり希望する待遇について書き込む欄のことです。勤務地や給与、勤務時間などの希望がある場合には活用されていますが、特別書かなければいけないというものでもありません。

 履歴書の中には本人希望欄が含まれていないものもあります。ただ、公正な状態で働き続けるためにも、特別な希望があるのであれば積極的に書いておいた方が後々のトラブル回避には役立ちます。

本人希望欄の書き方

 本人希望欄には、自分が勤務先で希望する勤務時間や勤務地、給与、連絡先などについて記載します。この他禁煙オフィスや託児ルームの利用希望を書き込んでいる人もいます。突拍子もない希望でない限りは基本的に何でも書き込むことができます。こうした要望を本人希望欄に記入する際には、事務的な箇条書きよりも「~です、~ます」調の文体の方が望ましいとされています。

 例えば勤務地なら「勤務地:〇〇の近辺でお願い致します」のように書きます。また、本人希望欄に特に書くことがない場合は空欄にせず、その旨を丁寧に書きましょう。「特になし」とはっきりと書いてしまうのはNGです。「貴社規定に従います」など丁寧な言葉で表現するようにしてください。

【関連記事】
評価が高くなるような履歴書を作成すること
履歴書での学歴について
履歴書の資格欄の正しい書き方と、資格がなくても大丈夫な理由

履歴書での学歴について

高卒でも学歴をしっかり書こう

 履歴書を作成する場合は学歴を必ず書きこまなければなりません。「高卒」や「高校卒業見込み」も立派な学歴ですので、漏れなく記入するようにしましょう。履歴書を作成する際の学歴欄に小学校や中学校について記入する必要は特にありません。

 高校の正式名称と入学年月日、そしてその高校をいつ卒業見込みであるのかについて明確に書くようにしてください。高卒・大卒など学生用の履歴書を使うと書きやすいでしょう。

学歴の書き方

 在校中に部活動や生徒会の活動などに励んでいたのならそれについても既定の記入欄に書きこみます。「校内外の諸活動」という記入欄がほとんどです。

 部活動や生徒会に入っていなくても、読書感想文コンクールなどの受賞歴や学校外で所属しているクラブ活動について書いてもOKです。さらに、在校中にアルバイトをしていたのであればそれも職歴の欄に記入をします。

 ただ、アルバイトを禁止している学校に在籍していながらアルバイトを続けていたのなら書かない方が良いでしょう。それだけで企業の信用を失い、内定を取れなくなってしまうことがあるからです。また、高校を退学または停学に追い込まれ、二重の失敗に苦しむ羽目になる可能性もあります。

【関連記事】
評価が高くなるような履歴書を作成すること
履歴書、本人希望欄の書き方のポイント
履歴書の資格欄の正しい書き方と、資格がなくても大丈夫な理由

評価が高くなるような履歴書を作成すること

履歴書の書き方をマスターしよう!

 就職活動を行う上で必ず作成しなければならない書類の1つが履歴書です。正しい書き方をマスターし、内定率を高めましょう。内定につながる履歴書の作成方法のポイントはいくつかあります。1つは、制服を着用した状態で撮影した証明写真を添付することです。

 特にまだ高校に在籍している場合、最もフォーマル且つスタンダードな服装は制服ですので、正しく着こなすようにしましょう。また大卒や社会人の女性であればお化粧をして写らなくてはなりませんが、高校生の場合はその必要はありません。
もう1つは、履歴書をシワや汚れのない状態で提出することです。

内定につながる履歴書の書き方

 いくら高卒で若いとはいえ、だらしのない見た目の履歴書を提出するのは頂けません。万が一誤字脱字をしたり汚してしまったりした場合はまた新しい用紙に書き直し、粗相がないようにしましょう。先に下書きを作成しておき、後で清書をするとミスが少なくなります。

 さらに、履歴書を書くときに空欄を作らないようにしましょう。資格や志望動機など難しくて書きづらい欄があるかもしれませんが、目上の人のアドバイスを聞きながら何とか埋めましょう。最終的には自分の言葉で表現することができればベターです。

【関連記事】
履歴書での学歴について
履歴書、本人希望欄の書き方のポイント
履歴書の資格欄の正しい書き方と、資格がなくても大丈夫な理由