就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと

面接時に確認しておくことのピックアップを忘れずに!

 企業の求人を発見し、そこに応募。さらに面接まで受けることになったら、その会社のことについてはいろいろと調べ上げているはずです。そうでなければ、就職活動者としては失格でしょう。しかし、いくら調べ上げてもなかなか得られない情報というものもあります。面接を受ける前に、それらを必ずピックアップしておかなければなりません。

 面接では最後に必ず、応募者が面接官に質問をする時間が設けられます。この時に、そのピックアップしたことの中から、さらに面接で全く話題にならず疑問が晴れなかったものを尋ねてみましょう。

 事前準備がなければこうしたことをスムーズにこなすのは難しく、流れで入社すると後悔してしまうかもしれないため、面接時に確認しておくことのピックアップは忘れてはならないのです。

「入社までに準備しておくことはありますか?」

 この質問は、応募者がよく尋ねることでもあり、また、面接官に働く意欲を伝えるものとしてもしばしば紹介されています。アピールする目的ではなくとも、入社して困らないようにするために聞いておくことは意味があるでしょう。

 もう少し詳細に、例えば、「入社までに取得しておいた方がいい資格などあれば教えてください」などと尋ねてもいいかもしれません。面接官から適切な回答があれば、それを準備しておくことで、入社後すぐに仕事で能力を発揮することができるはず。信頼を即座に勝ち取るためにも、面接時に確認しておいた方がいいでしょう。

「試用期間について詳しく教えてください」

 求人広告に書かれていることの多い「試用期間」。これについても面接時に確認しておいてください。求人に詳細が書かれており、あるいは面接時に説明があれば聞く必要はありませんが、曖昧な試用期間は時に就職者を苦しめるため、それが嫌なら確認しておくべきでしょう。

 具体的には、試用期間の長さ、試用期間中の賃金、試用期間が終わるタイミングなどを確認しておきたいところ。3番目についてですが、決められた期間でキッチリと終了するのか、あるいはテストなどがあり、パスすれば終了するのかなどは、あらかじめ知っておいて損はないはず。

 入社準備や本当に入社すべきか否かの判断にも関わることなので、納得する回答を貰っておきましょう。

【関連記事】
企業に合うような志望動機を考えること
面接対策はしっかりと!
面接でNGをしない為のポイント

面接

面接でNGをしない為のポイント

面接ではNGが頻発!

 企業面接を受けるときには緊張してしまい、そのためにタブーを冒してしまうことが少なくありません。

 採用担当者側もその事情は理解しているものの、何気ないタブーが不採用につながってしまうことがないわけではないので注意をしましょう。

面接で気をつけたいこと

 高卒または高校卒業見込みで就職面接を受けるとき、まず気をつけたいのは服装です。高校に在籍中であれば制服を、卒業後であればスーツを着用するようにしましょう。いずれの場合も服にシワをつけず、清潔感のある着こなしをすることが望まれます。髪型や爪の手入れも怠らないようにしてください。

 次に気をつけたいのはマナーです。礼儀正しい座り方やドアのノックの仕方、そして名詞の受け取り方・渡し方を事前にマスターしておきましょう。高校生の場合は名刺を持っていなくても構いませんが、その分美しい所作で相手の名刺を受け取れるように練習しておきましょう。

 最後は言葉遣いです。高校生だからと言って普段友達と話すときのような話し方をするのは言語両断です。面接特有の言葉遣いをマスターするだけでなく、普段から美しく正しい敬語を使えるように訓練しておきましょう。卒業したら社会人なのだという自覚を持ちましょう。

【関連記事】
企業に合うような志望動機を考えること
面接対策はしっかりと!
就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと

面接

面接対策はしっかりと!

職面接とは

 高校受験を経験したことがある人なら誰でも「面接」というものが何であるか分かっていることでしょう。受験生にとっては自分がその学校にいかに適しているかをアピールするための場所になります。

 就職面接の場合もそれと同じで、企業側に自分という人材を売り込むための絶好のチャンスとなります。ただその難易度は受験面接よりもはるかに高いので、事前の準備が必要となります。

面接準備を完璧に

 面接はお芝居をする場所ではないものの、面接で話すべきことを全て紙に書き出し何度も練習しておくことをおすすめします。志望動機や仕事に対する意欲、そして特に聞かれることが予想されるのは「なぜ高卒で就職を希望しているのか」です。実際、大学進学をしない理由を質問されるケースは非常に多いです。採用担当者を納得させられるようなしっかりした内容の返事を用意しておいてください。

 面接の練習をするには、両親や友人などに面接官を演じてもらったり、就職・転職サイトの面接セミナーに参加したりすると良いでしょう。当日に緊張しすぎないためにもドンドン練習し場慣れをしておきましょう。この他にも面接の練習ができるスマートフォンアプリもありますのでぜひ活用してみてください。

【関連記事】
企業に合うような志望動機を考えること
面接でNGをしない為のポイント
就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと

面接

企業に合うような志望動機を考えること

志望動機は自己アピールには格好の場所!

 面接で聞かれる数ある発言コーナーの中でも、志望動機欄は自己アピールを行うには最高の場所です。

 この機会を上手に使って自分を企業に売り込み、確実な内定ゲットを目指しましょう。

企業の立場に立って考えよう

 志望動機を聞かれたときには、どうしても「自分がどのように働きたいか」、「どのような待遇を希望しているのか」について話してしまいがちです。それもあながち間違いではないのですが、本当に受かる面接を実現したいのなら、企業がどのような気持ちで選考に取り組んでいるのかを考えた上で発言するようにしましょう。

 具体的には、その企業がどのような人材を求めているか分析した上で自分がその人材像にかなっていることをアピールするようにします。相手先の企業にとって自分がどのような価値を持っており、どのような活躍をすることができるのかについて話しましょう。

 この場合、自分が企業に何を期待するのかについてはあまり言うべきではありません。あくまで企業の目線で、企業に貢献する姿勢とそれに見合ったスキルや適性があることについてアピールをしてください。コミュニケーション能力や飲みこみの速さなどについて説明すると印象が良くなります。

【関連記事】
面接対策はしっかりと!
面接でNGをしない為のポイント
就職に失敗しないために面接時に確認しておくべきこと

面接