就職のためのテクニック!知っておくべきポイントとは

記事中ヘッダー画像NEW

1.企業に応募するまでに考えておきたいこと

 ニートを脱出し、就職しようと決めたなら、企業に応募する前に準備しておくこと、考えておくべきことがたくさんあります。

 では、ニートが就職活動をするにあたっての手順を紹介してみたいと思います。

2.ニートの就職活動~準備編~

 まず、物理的に必要な準備をまとめておきましょう。

ここがポイント!

  • スーツなど、面接にふさわしい服を用意する
  • 履歴書を購入する
  • 履歴書用の写真を準備する。撮影しても、自分で撮ってもOK

 これが、基本の準備です。

3.ニートの就職活動~テクニック編~

 ニートは、経歴の欄にどうしてもブランクができてしまいます。そのブランクに対する説明を、しっかり準備しなければなりません。

ここがポイント!

  • 退職理由の書き方には注意が必要。
  • 自己PRには、アピールポイントを必ず記入。
  • 面接の際にブランク期間について聞かれたら、言い訳をせずに正直に「どう過ごしたか」「何を考えていたか」を答える。

 退職理由の書き方としては、健康上の問題の場合は、現在は完治していることを明記し、特別な理由がない場合には「一身上の都合」と記入しましょう。

 またスキルの習得をしたのであればその内容を、特に何もしなかったのであれば「ブランク期間に考えたこと」などを記入するのがおすすめです。ブランク期間の対応策は、「御社でどんなふうに働きたいと思ったか」をアピールするのが肝心です。落とすことを前提に、面接に呼ぶことはありません。

 せっかくのチャンスを有効活用できるよう、自分なりの答えを見つけておくのが肝心です。

どう見られるかより、どうなりたいかを考えよう

 ニートは社会から隔絶されてきた期間が長い分、フリーターと違って、社会慣れしていない側面があります。そのため、いざ面接になると、自分がニートであることで卑屈になり、人事担当者にどう見られるかに気を取られて、自分が伝えたいことを話すことがおざなりになるケースが多いようです。

 確かに、社会人経験も職務経歴もないニートが、企業に就職するのは簡単なことではありません。ですが、就職活動に際してのノウハウは、地方自治体やハローワークの就職支援を受ければ、無料で手に入ります。ニートが就職を目指すための一番の関門は、人と関わる積極性を持つことです。

 自分がどうなりたいのかを考え、周囲のサポートを素直に受け、目指す成果につなげていきましょう。